【A9】SE形式紹介

那の津1000 → SE1000 【現役在籍なし・静態保存のみ】

クモハ1000-モハ1050-クハ1100
2ドアセミクロス、設計最高110km/h、モーター100kw、分散クーラー(だがゲーム上では集中クーラーになってしまう)
SEの前身の一つ那の津鉄道が作った形式。中長距離向けの車両で当時の伊豆急100系、後の国鉄117系のような使い方を念頭においていたものと思われる。
主に栄原本線の快速で使用。合併後は一部丹賀局でも移籍したがあまり使いどころがなく淘汰。
静態保存状態で栄原局・丹賀局ともに3連1編成づつだけ残置。
テクスチャ:165系ベースで、塗装を小田急旧色に似た紺橙紺の3色塗りに。またドアを両開扉に描きかえ。→片開扉に直しました。戸袋ないもんね、、、。

那の津1500 → SE1500 【定期運用なし】

クモハ1500-モハ1550-サハ1650-クハ1600
3ドアセミロング(一部需給都合でロングシートに改造)、設計最高110km/h、モーター120kw、集中クーラー
那の津鉄道のある栄原市の発展で2ドア車では通勤ラッシュに対応しきれなくなったことから国鉄113系を範とした準通勤型として制作。
栄原局各地で使用。合併後丹賀局に移った車は少ない。栄原局に4連1編成が「予備の予備」として残置。
テクスチャ:115湘南ベースで、1000系と同様小田急旧色に似た紺橙紺の3色塗りに。

那の津/丹賀2000 → SE2000

クモハ2000-モハ2050-サハ2150-クハ2100、クモハ2200-クハ2250
3ドアロング、設計最高120km/h、チョッパ車、ステンレス車体
那の津鉄道(現:栄原局)と丹賀鉄道(現:丹賀局)の合併決定後に両社で共同設計。当初3連で計画していたものの、栄原局・丹賀局とも輸送力確保を図るべく4連で登場(ただし都合でサハ抜き3連の実績はある)。2連は栄原普通増結用途で2300系をベースにして最終期に追加製造。
栄原局では当初配置された栄原本線普通からは離れたが、使い勝手が良く詰め込みも効くので栄原局管轄の各線で重宝している。丹賀局では栄原本線普通にほぼ専属で、丹賀本線では「善原シャトル」のみ。ほかに栄原局内の「ごゆるりライン」と丹賀局内の「岳下鉄道」にリース貸与中の編成もある。
テクスチャ:211系ベースで、帯色を橙1色に。アクセントとして「ロングシート車と見極め出来るように、細い白帯」が入っている。

SE2300

クモハ2300-クハ2350
2ドア転換クロス、設計最高120km/h、チョッパ車、ステンレス車体
本来は1000系の直接の後継になるはずだったが、もはや栄原局・丹賀局ともに2ドアの快速は難しい状態となっていたため、閑散区間向けに使用することを念頭にワンマン対応・半自動ドア装備とした。
しかし栄原本線快速がさらに旅客増となり、それなりの期間2500系の増結車として使われる状況が続いた。本来の用途に回ったのは1000系全編成淘汰を決め、さらに栄原本線快速用に3500系を登場させた後となる。
栄原局配置は丹賀本線種間~花丸のローカル運用専属に。丹賀局配置は3000系不足時の増結車や臨時列車用に。
テクスチャ:213系5000番台ベースで、JRマーク隠しと帯色を橙1色に。

*以下テクスチャいじってるわけではないのでスクショは割愛*
SE2500 311系ほぼそのまま。ただし実車にはない6連固定が存在。栄原局・丹賀局ともに配備。
SE3000 313系0番台を念頭に置いて4連と2連を設定。丹賀局のみ配備。
SE3500 313系5000番台を念頭に置いて6連固定のみ設定。栄原局・丹賀局ともに配備。
 以上3形式は東海パックの状態そのまま、モハクハサハ配置も実車に準じている。
SE4000 小田急4000形を6連に短くカスタムしたもの。栄原局のみ配備で栄原本線普通専属。唯一の4ドア車。
丹賀2000 → SE5200 A9V5で加わった阪急3000系を4連にカスタムしたもの。丹賀局にて4連1本が動態保存。