05年20号より・・・

ネタバレです。


全てを失うか(=18号分「恋のフーガ」替え歌ではないが)、つかさと・・・なのか。
終焉へ向けて走り出した予感が更に増しました。
これでもしつかさと淳平が「一線」を越えてしまったら、連載終了でしょうね。
まあ少年誌なので「んなこたーない(タモさんAA省略)」でしょうが。
でも、淳平よ、今回はちゃんとつかさの許に走ったな。
それでこそ漢だ。うむ。
不安定なつかさを救えるのは俺しかいない。やっと気づいたんだろうね。
奴の姿勢に(久々に)心意気を感じました。
綾×さつきも珍しい顔合わせですな。
でもまあ、はっきり凹んでる綾と空元気なさつき、対照的ですね。
改めて二人のキャラがはっきりあらわれた感じがありました。
その辺も含めて、そろそろ潮時なのかなと思ってしまう訳ですが。
ぜひつかさと淳平が「一線」を越えられるように願いつつ(笑)・・・。