TOMIXの使い方)スイッチボックスの機能メモ

ユニバーサルスイッチボックス(品番5533)

レバーが上向きの時:Aから入った電流は、BとCに出る。Dから入った電流は、EとFに出る。
レバーが下向きの時:Aから入った電流は、BとFに出る。Dから入った電流は、EとCに出る。すなわち、CとFの電流出力元(=操作するパワーユニット)が入れ替わる。

セレクタースイッチボックス(品番5536)

レバーが上向きの時:Gから入った電流は、HとIに出る。
レバーが下向きの時:Gから入った電流は、HとJに出る。

リバーススイッチボックス(品番5535)

レバーが上向きの時:Lから入った電流の極性を変えずに、LとMに出る。
レバーが下向きの時:Lから入った電流の極性を変えずにLへ出て、かつ極性を逆にしてMにも出る。

・単純に電流を流すか流さないかだけのスイッチとして使うならば、セレクタースイッチボックスだけでも事が足りる。
・リバーススイッチボックスは、リバース運転専用。Lを本線に、Mをリバース区間に設置。リバース区間に列車が入ったらポイントと同時に切り替えることで止まらずに進むことが出来る。
・PX280を使ってスムーズな運転をしたいなら、ユニバーサルスイッチボックスを使う。パワーユニットからAおよびDに繋ぎ、フィーダーをBとFに接続。上向き時はAからの電流がBに、Dからの電流がFに出る。下向き時はAからの電流がBとFに流れるので、Aの電流を司るパワーユニットで操作する

#2016.8.12一部更新
#2017.11.8一部更新