新・トミカタウン)プラレールとトミカタウンの密接な関係

新・トミカタウンの歩道サイズ(一部つながる道路含む)に関する考察です。
tt08-system2plarail-long.jpg
歩道パーツの「長さ」は従来と変わりありません。
「プラレールの1/2直線レール1本の長さが、歩道パーツ1つ分の長さ」というものです。
写真の上側が1/2直線レールを、下側が直線レールをおいて比較してみた図です。
そして、新・トミカタウンで変わったのが歩道パーツの「幅」。広くなった幅には、実は隠された理由がありました。
tt08-system2plarail-width.jpg
上下方向に向いているプラレールのレールは「1/4直線レール」という、主にレールの最後が凸凸同士または凹凹同士になったときに使うレールです。
よく見てみると、新・トミカタウンの歩道の幅は1/4直線レールの長さと同じになっているのです。
tt08-system2plarail-4mai.jpg
ゆえに、「新・トミカタウン」の歩道パーツを4枚使うと、隙間のない広場が出来上がる寸法になっているのです。
3枚目写真の左側がその広場です。右側の従来の歩道パーツ4枚を同じように組んだものと比較しても、違いがわかっていただけるかと思います。
ちなみにつながる道路に「曲線つながる道路」が仲間入りしましたが、これも歩道パーツとの連携はもちろん、プラレールの曲線レールの半径とも絶妙にマッチしています。
tt08-system2plarail-total.jpg

もはやトミカタウンはプラレールの情景部品になってしまったと言っても過言ではないような気がします。

トミカワールド トミカタウン 歩道セット トミカワールド トミカタウン 歩道セット
(2008/06/26)
不明

商品詳細を見る