小田急2020レポート

2020年秋の小田急レポート。小田急沿線から離れちゃったけど見聞はずっと続けていこうと思ったのです。


新しい5000形が徐々に増えてますねえ。
夕方の唐木田快急に充当されてたのでじっくり観察(そのまま入庫しちゃったけど)。
ワイドボディ回帰は居住性向上の観点からいい判断。車内は西武30000とかメトロ13000あたりから始まった「透明の仕切り板」や「透明の貫通扉」が目新しい。標準型の要素一辺倒だった3000形、少し小田急らしさを取り戻した4000形に比べれば、オリジナリティ満載かと。


その3000形は初期編成(ワイドドア車)もフルカラーLED表示器になってきてますね。表示枠が小さいだけにドットの小さい新しい表示機のほうが小さい文字詰め込みできるから、なんだろうか。(行先として出る駅名が4文字5文字ってとこが多いからな、成城学園前・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘・相模大野、今だと片瀬江ノ島もか)

*フルカラーLEDになった編成は帯色も「新しい青色」になってます。

片瀬江ノ島と代々木八幡は改築完成。
片瀬江ノ島は竜宮城の駅舎が残り、機能的に改善されました。セブンイレブンも入りました。

代々木八幡に至っては島式化で10両ホームに。これで小田原線近郊各停10両化成就。各停8両編成縛りは過去の話に。

オリジナルのEXE30000形。あと何編成になったんでしょうか、、、?


オリジナルも嫌いじゃないが地味すぎるのでアルファ統一はよ。

GSEもすっかり馴染んできましたねえ。2020年代の小田急はこの顔が看板になるんでしょうな。

年あけたあとの話ですが。2代目5000形プラレールが出ました。
通勤型のプラレールいつ以来だろ(2600形?8000形??)