185系引退直前、2020年秋

185系が定期運用を終えたのは2021年3月ダイヤ改正でしたが、
お祭り騒ぎになる前の2020年秋に、東京→三島で乗車しておきました。


東京駅9番線に入ってきた185系。前が10両編成伊豆急下田行き、後が5両編成修善寺行き。


車内。令和の世の中、この車両で特急料金取るのはどうなんだろう、と言わざるを得ないサービスレベル。

車内に案内装置なし、自動放送もなく車掌の肉声。トイレはなんとか洋式だけど和式からの改造(田町電車区って書いてあるお知らせが残ってるし)。接遇面はもうかなり陳腐。
分割のできる車両の手当がなかなかできなかったから今まで残ってしまった、ってことなんだろうね。
平日2往復、休日最大4往復のために新車作るのも手間がかかるし。結果的に中央線系統の置き換えと千葉の減便で生じたE257の出物があったから良かったけど(出物なかったらどうしてたんだろうか)。

熱海到着。上り線に修善寺から連結待ちの5両編成が。

そして乗ってきた列車は分割。

走行性能に関しては現状の東海道本線であれば必要充分な感じで、言い換えればスピードアップ予定がないからこそ令和の今まで生き延びちゃった、ってことかもしれない。国鉄末期型式らしい、懐かしめの走行音でした。

三島到着。


ホーム途中にある渡り線を使って駿豆線に向かいます。(ホームの切り欠きが新しくなってたのが気になる)

帰路の熱海でも見かけたので。

個人的に、TOMIXの初代製品を5両持っていたり、初めて乗ったJR在来線特急車両(踊り子、修善寺→小田原)だったりなので、そこそこ思い入れはあったので、お名残乗車してきた次第。

*TOMIXのHG現行品は10両基本を揃えました。