読後感想なぞも忘れていたので・・・

更新凍結からおよそ1年半。
いちおう、最終更新にしたいと思います。
結局、わしとしては、最終話直後に書いた「THE END / ICHIGO 100%」(エントリー96番、05/08/13記載)の考えから変わっていません。
だからこそ声を大にして云いたい。
つかさの想い・思いを、もっともっと丁寧に描いてほしかった!
この1点に尽きると思います。
もちろん主人公は淳平であり、「悲劇の」ヒロインである綾がいて、淳平と綾の成長物語であるのは紛れも無い事実でしょう。
(事実、河下先生も、「綾エンド」を予定していたようですし。)
しかしながら「つかさエンド」になってしまった以上、つかさの気持ちをもっともっと汲み取りたかったと思う読者はわしだけだったんでしょうか。
わしは連載中に「つかさ分からない」って何回か書いたことがあります。
淳平に対する気持ちがあっちへゆらゆらこっちへゆらゆらしているんだろうけど、その方向が一瞬分かりづらい、見えづらい。
読み返して初めて、理解できなくはないかな、って感じるレベル。
綾に対する、内面描写の丁寧さは、「雪の公園での告白」を見れば分かるんです。
でも、つかさにも、出来ることなら、あのような場面を、用意してあげられなかったんでしょうか。
カラオケボックスの中のふたりと空港での別れのシーンは印象的ではあるけど、そこにつかさの気持ちが全て現れているように思えない。あの綾の告白に比べれば、少し足りないような気がする・・・。
そんなふうに、ずっと思っておりました。
正直、「少年誌におけるエロの限界」に挑戦してくれたすばらしき作品(違)と思っておりましたが、あっさり「ToLoveる」に塗り替えられましたね(笑)。
ちょっち春菜萌え(ヲイ)。ハルヒではない(ヲイヲイ)。
まあ、収拾ついてませんが、こんな感じです。
<これにて「いちご100パー」カテゴリは追加を終了致します。>