311系がなくなる前に早めに堪能

315系の導入で311系の活躍もそう長くないかもしれないので。
もはや大垣の4連普通運用ばかりだけども、それでも13時台と14時台に連続して浜松まで上がって来て、8両編成にして豊橋に戻る運用がありこれを浜松駅で観察。(豊橋に着いたあと浜松→岐阜となり名古屋の夕ラッシュに充当される)


東京寄りG12編成、神戸寄りG03編成の組み合わせ。なので「お顔に運番あり・なし」の両方が拝めました。
やっぱり8両編成は絵になりますねえ。211系の亜流なのに、少しお面を傾斜させている分スピード感マシマシ。最後に特別快速or新快速で走って引退してほしいところ。




車内デザインとか運転台配置は、やっぱり90年代の車両なので少々古臭さは否めない。
車内にLED表示器を置いたはしりの形式だけど、設置箇所は1両あたり2か所だけ。まあ2000年代に一気に発展したってことなんですかね、案内装置の類は。

元々少数派(15編成)ですし、同世代の221系に比べれば地味目。それでも名鉄一辺倒だった名古屋圏の輸送状況改善には一役買ったわけで。
ただまあ、後継の313系がハイスペックだけにね、影薄いまま引退になっちゃいそうなのが。

2021年改正で運用離脱! って言われても悔いはないぐらいに堪能できました。