みのりん武道館ライブ

行ってきました。
image

2010年の武道館(SAL追加公演)にも来ましたが、あのときはみのりんがあきらかに緊張してるってことが見え見えでした。が、今年の武道館でのみのりんは、それは自信をもって、堂々とステージに上がってきました。
こんなにも自然体で武道館ライブに挑めるのかこの人は…と。

いきなり「Dream Wonder Formation」からスタート。D-Formatipnツアーや幕張を思い起こさせる。そして「FOOL THE WORLD」、「ZONE//ALONE」、「Tomorrow’s chance」。

最初っから飛ばしすぎじゃないですかこのセトリw
確実にみのクラを殺しにかかってきてます

「境界の彼方」でいったん温度は下がるも(ただこの曲も後半へ向けての盛り上がり方がテンション加速させるんだな)、ファンディスクにも入ったみんなだいすき「too late? not late…」。全然落ち着く暇がない。

ここでMCが入り、「踊っちゃおうかな?」と前フリして、「Cynthia」「SELF PRODUCER」。ダンサーチーム「CMD」が登場して舞う。先のネオファンツアーからダンスが入ったけど、今回は6人に増強のうえで、かわいらしい振りを披露。そして中入り。

久々の「Paradise Lost」でまたも熱くなるも、「暁月夜」「蒼い孤島」で大先生と淳平さんをフューチャー。やっぱり大先生は旗を振り回す30代半ばのおっさんじゃなかったw

「向かい風に打たれながら」「TERMINATED」そして「君がくれたあの日」とシングル曲が続いて、そして最終盤おなじみの「Freedom Dreamer」はいつものように大合唱。テープもドカーン♪

そしてラストMC。「今までのライブで欠かさず歌ってきた曲があります」といっただけで、ブレードの色が白くなる。2010年の武道館も白くなった。そして今回もやはり白くなった。

みのりんとワタシたちをつなぐ曲、「純白サンクチュアリィ」。

ステージ上の画像演出。よく見てみると、過去の公演でみのりんが「純白」を歌っている姿。そしてそのときのオーディエンスの姿。少なくとも、Contact、Parade、2010年の武道館…。

どうやらみのりんは本気でワタシたちを泣かせ殺しに来たようです。
最近恒例になった、ラストの合唱、ワタシはただ泣きながら放心状態で歌ってました。

アンコールは人気投票トップだった「Contact 13th」「一等星」。そして10周年記念曲「Joyful Flower」。手短に旗振りレッスンをして、いざ歌おうってところで、ハッピーバースデーのサプライズ。お約束通りのぼうぜん顔のみのりん。暖かいなあ、いいなあ…と心底思える瞬間。

サプライズ後に仕切りなおして「Joyful Flower」。ダブアンは「これからも旅は続いていく」というところから「詩人の旅」。

4年ぶりの日本武道館。確実に成長して帰ってきたみのりんがそこにはいたように思えます。
最近のみのりんは、良くも悪くも「自由気ままにやっている」感があるので、その延長線上で、決して気負わず、でも非常に高い完成度を目指して作りこんできたのではないでしょうか。

物販がちょっと残念だった(事前物販の試みはよかったが)ですが、ライブ自体は大成功だったと思います。

animeloLIVE! Presents Minori Chihara 10th Anniversary Live
SANNCTUARY
supported by JOYSOUND
2014.11.18 日本武道館