キャラソンライブまとめ

とりあえずまとめます
茅原実里ファンクラブイベント「キャラクターソングライブ」
於 Zeppダイバーシティ

・開演前に「小野Dと一文字違いの瀬野Dです」。これがまさかフラグだとは。
・スクリーンにキャラと歌詞が映し出されるという配慮。
・ハルヒのプロデューサーと原作者(谷川先生)よりみのりん活動10周年祝辞をいただく。
・谷川先生に至ってはもはやハルヒシリーズのあとがき風な祝辞。
・千秋(みなみけ)の時に「何曲かうたうぞー」と千秋声で。
・そして「カレーのうた」からの「野菜のうた」。
・そこで小野Dの代わりに瀬野D登場(笑)。
・本当のスペシャルゲストとして水原薫ちゃん登場 。「ふたりしかいなかった」熱唱。
・アンコールで経験値上昇中(オーディエンスノリノリ)&ハレ晴れユカイ(合唱)。
・瀬野マネご結婚報告♪
・一日遅れのみのりんからのチョコお渡し会♪♪

感想
・やっぱり有希がいたから、「ハルヒシリーズ」があったから、みのりんに出逢えたんだよなあ…と改めて実感。またハルヒを見たくなったな…。
・素に近い感じで歌う時、キャラになりきって歌う時(千秋・美月etc)の切り替え、器用さを思い知らされた。
・というか:谷川流先生手紙書いてるなら続編書いてください…と思った「心よりハルヒを愛する者たち」はどれほどいたんだろうか。ワタシはそんなひとり。

E233系0番台の宴

20140209-235641.jpg

20140209-235805.jpg


記事がどうにも古くなったので、書き直し。(2017.11.12)
いっとき10連3編成あったんですが、1編成は嫁に出てしまい、T編成1本とH編成1本になってます。
屋根裏線時代は6連しか入れなかったんで、いろいろ考えてたんですが。
窓際線(2017年バージョン)では頑張れば9連まで入るので…
・T編成はモハ―200の2両抜いて8連
・H編成は6連のモハ-200の2両抜いて4+4
にしてます。

線路のクリーニング

本線上全線に架線柱を立ててしまったため、線路のクリーニングがやりずらくなってしまいました。だからと言ってメンテナンスしないでいると走行性能も低下しますので、なんとかしなければなりません

結果的に、この車両を投入しました。
20140209-232723.jpg
マルチレールクリーニングカーです。評判もまずまずなようなので、導入してみました。
モードとしては「吸引」「湿式」「乾式」がありますが、「乾式」はレール面を削るため、とりあえず使っていません。日常的に「吸引」を、走行性能の顕著低下が多くなってから「湿式」を使うことになります。

20140209-232710.jpg
編成は実家から発掘してきたEF65-1100に本車をつなげてます。マルチレールクリーニングカー自身にも清掃機能用のモーターがついており、自重がそれなりにあります。屋根裏線には勾配区間もあるので、牽引機は「重さもあり、従来動力ユニット搭載」のEF65となった次第です。勾配区間がなければ、クモヤ145等を仕立ててもよかったかもしれません。

運行は、「車両センター→外側線反時計回り(本来向きとは逆走)→ダブルスリップで内側線転線→内側線反時計回り→車両センター分岐を過ぎて推進運転→車両センター」となってます。これにより一筆書きでほぼ全線をクリーニングできます。

103系ATC車のJRマーク

JRマークのインレタというものが、昔は発売されていました。それを貼ることで、国鉄型をJR移行後に仕立てることができました。
しかしながらいつの間にか、インレタの別売りは無くなってしまいました。大体が印刷済、印刷されていないごく稀な場合に、製品の車両番号とともに付属している程度です。(例:TOMIX103系カナリア・エメラルドグリーン)

そういう状況を打破するために、拙いですが、JRマークのシールを作りました。
20140202-205213.jpg
20140202-205246.jpg
…まあ深くは突っ込まないで下さい。
遠目に見たときの、それっぽく見えることを優先し、工作性とディテールは二の次です。