新・トミカタウン)レビューし忘れの郵便局

レビューを忘れていた「新・トミカタウン」の郵便局です。

民営化後の「郵便局会社」の色使いであるオレンジ色系統の建物です。
JPのマークが相当大きく書かれている反面、逓信省時代からの「テ」マークは小さく掲げられているだけです。

プラキッズも一応JP社員の制服になっているんですが、ぱっと見は「普通のおっさん」でしかないですね。
建物内部の構造は銀行と同じで、ベンチが置かれています。

正直よくわからないのが、ガレージにある「ターンテーブル」。立体駐車場の入口じゃあるまいし、意図がわかりません。
この広さでターンテーブルがなければ、2台のトミカを並列に置けるはず(1枚目の写真参照)。こんなギミックを置くよりは、警察署のようにトミカが出発出来るようにしたほうがよかったと思います。
組み換え案です。


裏手にガレージを置いて「集配局」風に仕立てるのがいいかも知れません。郵政省風の建物ではないので、ちょっとモダンすぎますが、ガレージを横に置くよりは感じが出ると思います。

ドライブ)大阪からの帰り道

西のほうからの帰りです。
帰りはそれこそ高速を東に走っただけでしたが。
朝方に天王寺区のガソリンスタンドを訪問。
090628-mobil-1.jpg
いまや数少なくなった「丸い屋根のモービル」。これを朝から吟味。
090628-mobil-2.jpg
丸い屋根、丸い計量器、タイル張りの建物。良い雰囲気が残っています。
計量機の胴体部分の色が変わっているのが非常に残念です…(CIの都合で仕方ないのですが)。
帰りは無料高速道路「名阪国道」を経由。
長原→松原(西名阪)→天理(名阪国道)→亀山(東名阪)→四日市(伊勢湾岸)→豊田(東名)→厚木と走破。
特に名阪国道は、通りたいと思っていただけに、予想以上の急曲線と急勾配にやられまくりでした。
特に天理IC付近から、山肌に見える道路のライン。あれには度肝を抜かれました…。
で、通ってみての感想。
一応規制速度は60km/h。でも走行の流れはみんな100km/hオーバー。
さらに三重県県内に入ると雨も降っていたので、生きた心地せず。
交通量が多い自動車専用道路は(保土ヶ谷バイパスや首都高で)通り慣れているつもりですが、もう2度と名阪国道は通りたくないと思いました。
香芝SA、伊賀SA、刈谷PA、牧の原SA、富士川SA(ここはスタバカのポイント)と止まりつつ、無事故で帰還…。
ちなみに行きそびれていた富士川SA上りももちろんスタバカしたんですが、写真を撮っている余裕がありませんでした。

通番 店番 店名
166  #750 富士川サービスエリア(上り線)
総計 166店 (うち閉店確認 2店)
静岡県内店舗は 8店目
高速道路SA、PA店舗は 7店目

高速走行が長かった今回、西行きでの燃費が驚異の17.0kmをたたき出しました。その反動なのか、あるいは名阪国道の走りにくさやエアコン使用が祟って、東行きの燃費は生涯平均値に限りなく近い13.9kmになってました。
不思議なものですね。
結論。
クルマで自ら運転して旅行に行ける範囲は、自宅(相模原)~名古屋程度を合理的な距離と見ることができる。
自宅~大阪は不可能ではないが、体力的・精神的な疲労が多く、多用すべきではない。
…そんなことがわかりました。

新・トミカタウン)モスバーガー 緑看板店舗 「緑モス」

モスバーガーを通りがかった際に、制作意欲が湧いたので作成。
ベースは、ミスタードーナツ。奇しくも「mosdo!」繋がり。
tt08-mosburger-1.jpg
塗装変更は無し。通称「緑モス」の看板をキャノピー部とサインポールに張った程度。
tt08-mosburger-2.jpg
細かい意匠は省略。それでものぼりと「黒板」は作ってみたり。
tt08-mosburger-4.jpg
のぼりは近所のモスに立っていたものを参考に。
tt08-mosburger-5.jpg
「黒板」はイメージでまとめて、内容はモスドのことに触れてみた。
tt08-mosburger-3.jpg
そして内装は、書き割りながらも厨房と飲料のディスペンサーらしきものを表現。
新・トミカタウンには「妙に飲食店が少ない」状況なので、あえてモスバーガー先行出店を決めた次第。
ガソリンスタンド付きのローソンも、いつかは作りますが、その前に飲食店シリーズが先に出るかも知れません。
やっぱり建物が小さいと、加工する部分も少なくて済んでいいですね。
もはや「改造」というよりも「模様替え」に過ぎないですが、いろいろなお店を量産することはできそうです。