新・トミカタウン)M-1チャンピオンがCMに出ているオートバックス

初期のトミカタウンにあったオートバックスが復活しました。
こんな展開があるとは思ってもいなかったので、正直驚きを隠せません。

初代のオートバックスは、コンビニの建物部分を基礎にして、隣の駐車場部分にピットを置く構造でした。
「新・トミカタウン」ではそれぞれのパーツが独立したユニットになっているので、ピット部分だけの建物が別に「起こされ」ています。
ここまで登場しているHondaCarsの展示スペースや警察署・消防署のガレージ、さらに病院の病室のどれともまた違う形状と設計のパーツです。


パッケージの分類では「整備場」になっているこのピット部分。
初代と同じようにトミカを持ち上げるジャッキが付いています。このジャッキパーツ自体は全く同じ金型を転用していると思われますが、設置位置と建物の形が変わったことで印象は変わっています。
また、壁面には書き割りになっている各種自動車部品が一部立体的に「書き割り」されているのが印象的です。

店舗の店内は棚と横向きレジになっているので、セブンイレブンと共通です。
のぼりパーツも同じように付属しています。
やっぱりクルマのおもちゃのジオラマなんで、クルマ関係産業のトミカタウンが出てくるのはうれしいです。
もしかしたら「トミカタウン駅前通り」ジオラマの路線に進むのではないかと思っていた時期もあったので、なんとか踏みとどまってくれたな…と感じております。
新・トミカタウンのガソリンスタンドはなんか味気ない雰囲気なので、いっそオートバックスのピットと店舗をも組み合わせて、「スーパーオートバックス」じゃないですが総合的カーケアセンターなんぞを作ってみるのも面白いかもしれません。

トミカタウン オートバックス トミカタウン オートバックス
(2009/02/26)

商品詳細を見る

新・トミカタウン)「ミスター」ドーナッツで「どうでしょう」(意味不明)

「新・トミカタウン」第3弾デビューです。
さっそく手に入れましたので、レビューしたいと思います。


「ミスド」です。新規格の建物に建て替えられました。

構成は兎に角セブンイレブン等と同じで、面白みは薄いですね。
ただ、建物の色使いやデザインは非常にシンプルにまとまっているかなと思います。


ううむ…いかんせんコメントが少なくなってくるぞ、これだけ共通部分が多いと(笑)。
ショーケースは前のミスドのほうがリアルでしたね…ちょっと残念。
あと、座席が2席しかないのは建物の大きさを考えると仕方ないかな。
tt09-misterdonut-review4.jpg
ミスドの歩道パーツには「トミカタウン駅」に入っていたバス停が同梱されています。
別に「ミスタードーナツ前」という停留所ではないようです。
ちなみにこのバス停に書かれているバス会社(?)の名前は「TOWNBUS」。
…ロゴの感じも含めてこのバスがモデルかな。旧トミーのおひざ元を走っているし…どうなんでしょう。
同じ金型で色違いを出す、トミカ商法の典型的な例だと思います。
相変わらず意匠については相当こだわっていますし、ジオラマパーツとしての完成度はまだまだ劣っていないなと感じます。
しいて言えば、客席部分の建物を別パーツにして横長の店構えになれば…なんて思いましたが、それは難しい相談ですかね。

トミカタウン ミスタードーナツ トミカタウン ミスタードーナツ
(2009/02/26)

商品詳細を見る

小田急)日常の姿

最近、再び小田急ユーザーになっていまして。
いつの間にか3000形ばかりになっていて、時代の流れを実感。
oer3000-0220-1.jpg
最初の印象ほど悪く無かった電車のひとつです
車内における静かさと振動の少なさは、近年の電車でも随一かも。
話には聞いたけど、見た目以外は「小田急魂」がまだまだ息づいていると言えるかな。
oer3000-0220-2.jpg

みのりん)唐突にLiveの話を書いたのでちょっと補足

相当唐突な感じでライブのSetlistなぞを書いたのですが、
これまでこのblogで彼女のことに全く言及していなかったので、
いったんこのエントリでいろいろとだらだらと話そうかなと。
MERJ版、「1分(?)でわかる『茅原実里さん』」
・声優、かつ歌手。
・「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズのアニメで長門有希の声を担当しブレイク。
・アニメ放映があった翌年の2007年から歌手活動を本格化。
・フルアルバム2枚、ミニアルバム1枚、シングル6枚をリリース(茅原実里名義にて)。
・愛称は『みのりん』
…まあこれぐらい書いておけばいいかな。
「ハルヒ」の有希の中の人が唄っているのが好き、ってことですね。
公式サイト(彼女が記すblogもあり)

Message 02 [DVD] Message 02 [DVD]
(2009/02/04)
茅原実里

商品詳細を見る


↑ 最新のPV集&ドキュメンタリーフィルム。

ライブ)Minori Chihara Live Tour 2009 “Parade” 伊勢原公演

相鉄のあとの別件です。
神奈川県央地域の伊勢原市からライブツアーが始まるというなんとも巡り合わせのいい中、
なんとFC先行予約で1列目をゲットしてしまったという奇跡が続き、
こんなエントリをあげた次第です。
SetListと感想は追記をドウゾ…。(相当なネタバレあり)

続きを読む

相鉄)5000系さよなら撮影会

地元神奈川を走る相模鉄道の5000系が引退することになりました。
軽量車体の高性能車をそのルーツに持つアルミ車です。
撮影会が相模大塚で行われるとのことで別件の前に出かけてみました。
…行列出来てるよ。
090207sotetsu-1.jpg
おいおいこんな大手最小規模のニッチ形式の撮影会にこれだけ行列が出来るか?
わしは予測を完全に見誤りましたよ。まったりモードだと思っていたから。
次の予定もあるので敷地外から様子見に撮影を…。
090207sotetsu-2.jpg
090207sotetsu-3.jpg
行き先が湘南台開業直前数日間だけ存在した「快速・いずみ中央行」になっているのは、わざとだろう。
相鉄の会社の戦略には疑問ばかり感じますが、鉄道カンパニーの中には相当「好き」な人がいるんでしょうね。
それはせめてもの救いなのかもしれません。
次の予定は伊勢原ですが、駅から遠いところなのでクルマで向かいます。

クルマ)editerのカローラフィールダーについて

2/4のエントリにカローラフィールダーの写真をのっけたので、関連してクルマの話をば。
MERJ(このblogのediter)が生まれてからの、MERJ家の自家用車。
1.三菱 「ミラージュ」 3ドアハッチバック
  1981年納車~1986年廃車
  原因→不明
2.トヨタ 「コロナ」 4ドア
  1986年納車~1991年廃車
  原因→オイル漏れが顕著だった&スカイラインが欲しかった
3.日産 「スカイライン」 GTS4ドア
  1991年納車~1994年廃車
  原因→勤務先の都合でトヨタ車にシフトせざるを得なかった
4.トヨタ 「カレン」 2ドア
  1994年納車~2001年廃車
  原因→右側面を門柱にぶつけた
5.トヨタ 「カルディナ」 5ドアステーションワゴン
  2001年納車~2004年廃車
  原因→リアドアを電柱にぶつけた(MERJがバックした時に激突)
6.トヨタ 「カローラフィールダー」 ZZE122G 5ドア
  1.8S AT(2002年MCのモデル) シルバーマイカメタリック
  2004年2月納車~現在に至る
  現在→MERJが運転と整備
7.トヨタ 「カローラフィールダー」 ZRE142G 5ドア photo
  1.8S “AEROTOURER” CVT(2008年MCのモデル) レッドマイカメタリック
  2008年12月納車~現在に至る
  現在→父殿が運転と整備


どっかのサークルKにて
というわけで、写真は今わしがお守をしているZZE122Gなカローラフィールダーなんですが、いかんせん父殿が「5年間・96000km」乗った後のお下がりなので、微妙にくたびれています。
写真では分かりづらいとは思われますが、数か所凹んでいたり、左リアタイヤ付近は大きく禿げていたり、さらには3回の追突経験と板金経験があるので…満身創痍です。
その代わり、駆動系については走行距離の割に安定していると思います。一時期3rdレンジ(このモデルはO/Dの代わりにD→3→2→Lとなっている)が効かなくなり、すわミッション交換かと思っていましたが、なんとか持ちこたえています。
街乗りでは全くストレスなく、スムーズに走りますね。非常に反応性が良い、素直なクルマだと思います。若干(レンタカーで借りた)コンパクトカーに比べると取り回しが悪いですが、走行安定性のよさがあるだけに仕方ないのかなと思います。
高速走行では、120km/hを超えると怖くなります。東名高速や首都高湾岸線で見られる130~140km/h巡航は不可能です。重心がすごく高いわけではないのに、フワフワしてハンドル握る手に汗が現れます。
そんなこんなで、目標は安全運転になっているMERJでございます。
これまで数年来の「行動記」は主に電車で移動した成果&電車の見聞録でしたが、今後は道路関係&クルマで移動した成果も記せるようになるかな…なんて思っています。

告知)ユーザータグ検索はじめました

PC版のページのみ、左側のメニューバーに「UserTag」という項目を増やしました。
今後、ネタ内容によるblog内検索を容易にできればな…という思惑があります。
エントリによってはすでに本文に関係したユーザータグがついていますが、完全ではありません。
順次追加修正を施していきたいと思います。気長にお待ちいただければ…と思います。
merj-fielder.jpg
※写真に深い意味はありません。

ガススタ)拡張性を高める工夫を施してみた

新・トミカタウンの「ガソリンスタンド」は、「屋根」を「店舗部分」に覆いかぶさるようにしか置けない状況となっています。

上の写真はパッケージと同じ構成で組んだ姿ですが、屋根の形はL字型となっていて、計量器2台と店舗部分の3点で支持しています。
この屋根の形の所為で、店舗は向かって左側にしか置けない構成になっています。
拡張性を考えて、店舗部分へ伸びる屋根を除去してしまうことを考えてみました。

これが改良後のスタンドです。
アングルが違うからか、相当印象が違うように見えます。

計量器の向きを変えた上で防火壁の配置も変えてみました。
ENEOSの看板も車の動線を妨害しない位置に建て替えました。
さて、本題の屋根の除去ですが、このようになってます。

L字型の屋根の、短い辺の部分を除去しました。
除去は、プラニッパーとプラ鋸で「切断」し、やすりで仕上げ、さらに屋根の飾り部分をボール紙で追加しています。
ちなみに不足する屋根の「ENEOSのロゴ」は従来品のENEOSガソリンスタンドのシールが(4枚も)余っていたので、転用しています。(故にENEOSのロゴの向きが逆になっています。)

切断した証拠に、元々形成されている雨どい(?)が中途半端な位置で途切れています。
やっつけ仕事の証拠とも言えます(笑)。
ちなみに防火壁の位置も変えてあるものの、穴に差し込めない位置に置くとバランスが良いと感じたので、プラニッパーで出っ張りを切断しています。
洗車機裏に置いてある壁は看板側の出っ張りを残して固定に使用、店舗脇の壁(タンクローリーの隣)は2つの出っ張りともに切断して両面テープで張り付けています。
←加工前
←加工後
最初は出っ張りを取る気は無く、無理やり置くて置こうかと思っておりました。しかし上写真のような傾きがあるので、除去してしまった次第です。
あとは細かい装飾の追加とENEOS看板の裏側を何とかつくって改良完成にしたいと思っています。