独自研究)トミカタウンが参考にしたmajo-kit

トミカタウンがリニューアルされ、ふと思ったことがひとつ。
「大昔に、マジョキットとかいう、トミカタウンに似たおもちゃがあったような…。」
調べてみると、どうも1970年代にはすでに存在していたらしい。
つまり1987年のデビューであるトミカタウンより古い。
だからトミー(当時)が、majo-kitを参考にしてトミカタウンを作った…というのは、想定の範囲内。
さらに、日本ではヨネザワが代理店をやっていて「ダイヤペット」ブランドで販売をしていた様子。(web魚拓
その証拠が、歩道システムのつくり。
このあたりを見てみると、特に角に置く歩道パーツなんかはトミカタウンとほぼ同じ形。
人形のサイズもプラキッズではない既存のトミカタウン人形と結構似ている。
そしてここではmajo-kitの消防署と歩道をトミカタウンに親和して街づくりしていたりする。
リンク先の写真の「道路」はもちろん「トミカタウンのつながる道路」なわけで、さらに写真右側を見た限りではmajo-kitの歩道角パーツ≒トミカタウンの歩道角パーツということもわかる。
こんな仮説を立ててみたい。
・フランスのmajoretteはトミカと比較的近い縮尺でミニカーを作っている。
・そんなmajoretteにはmajokitなる街づくりシステムがあるようだ。
・だからトミカ向けに、日本の町並みの街づくりシステムを持たせるのも悪くないだろう。
・トミーとしては「プラレール」という「確実なシステム」がすでにあるから、このサイズを使おう。(トミカタウンの歩道パーツはプラレールの1/2直線レールと同じ長さです。)
→それがトミカタウンという製品群である。
あくまで「独自研究」で「要出典」ばかりな考察でしかないですが、意を得た着眼点ではないだろうかと、勝手に思ったりしております。

新・トミカタウン)箱の表記のこと

「新・トミカタウン」では、それぞれのパーツに正式な名前があるみたいです。
パッケージの側面にある内容パーツ一覧に、事細かく書いてあります。
tt08-honda-parts.jpg

ジャンル分けするとこんな感じでしょうか。
・建物
 店舗
 ショールーム
 交番
・歩道
 歩道
 歩道(角)
 歩道(スロープ付)
・ベース
 ベース中(1×2)
 ベース小(1×1)
 シューター
・シューター用屋根
 三角屋根
 三角屋根壁大
 三角屋根壁小
 三角屋根看板
・ほかパーツ
 ガードレール
 街灯
 標識
 木
 花壇
 旗
 立て看板
 屋根看板
 シューター看板
気になるのは、あれですな、
「ベース大」の大きさがどれだけ大きいのものなんだろうか、とね。
多分ガソリンスタンドに使うベースだとは思うんですが…どうなんでしょう。
今後の形態分析ではこのパーツ名を使って解説したいと思います。

予言者)こんなことを書いていたトミカタウン馬鹿な管理人

2005年にこのblogでこんな事を書いていたことが判明。(当該エントリ
タイトル:何がトミカタウンに不足しているのか?
本文抜粋:
>・つながる道路
> 右折レーンとか曲線部分が欲しいかも。

>・プラレール駅との連携(トミカタウン駅)
> プラレールの駅と歩道システムがマッチしてくれれば最高。
> その代わりトミカタウンの人形がプラキッズになってしまいそうですが。
しまったわしは完全なる「予言者」だったようだ…(笑)。
曲線つながる道路は「新・トミカタウン」で実現。
プラレールと歩道システムの完全連携は「新・トミカタウン」の売り。
トミカタウン住人もプラキッズに統一されちゃった。
…トミカタウン駅は、まあ『プラレール+トミカタウンセット(仮称)』で出てくる「みたい」という状況でしかないですが、まあ、実現は近い。
3年後の「トミカタウンだけを見通すことが出来る予言者」だなぁ。間違いなく。
それか、
あれかな、
こんなことないとは、絶対思うけど、
タカラトミーの関係者このblog頻繁にチェックしてるんじゃないのか???
自惚れすぎもいいところなので、これぐらいにしておきます。

ホンダカーズ)なんとなーく

買ってきて、箱を開けて、シール張って、写真撮って、そしていろいろあそびかたを研究しているわけですが…。
ホンダカーズについてきたプラキッズ。
なんとなく、
なんとなーくなんですが、
tt-honda-plakids.jpg
F1ドライバーの佐藤○磨さんに似てないか?
…まあ、眉毛が「ちょっと」長く書いてあるからそうみえるだけなのかもしれませんが。
もちろん、ホンダカーズってことで、ちょっとだけ意識してわざとこういう風にデザインしたんだろうけど。
そう。
ホンダのディーラーの店員さんだから、まあ、問題は少ないわけですよ。
これが(今まであった)「ネッツトヨタ」の人形です!じゃあしゃれにならんけどなぁ。
うん。